世界に1つだけの結婚指輪を作る方法

>

ずっとつける結婚指輪の選び方

オーダーメイドでできること

オーダーメイドで結婚指輪を作ることで、妥協のない指輪を手にすることができます。
こだわりのデザインがある場合はもちろんですが、イメージが固まっていない場合でもプロのアドバイスを受けながら形を考えることができるようです。

「夫はシンプルながらごつく、妻は華奢で石付きがいい」というように、夫婦で結婚指輪に求める要素が違う場合も、双方の要望を取り入れつつ統一感のあるデザインに近づけることができます。

オーダーメイドなら、石の留め方や金属の素材なども細かく指示することができ、石の留め方や素材にもこだわって作れます。
また、今は金属の素材を選ぶだけでなく、特殊な技術で金属をカラフルに見せることもできるようですので、加工可能なお店を調べてみてはいかがでしょうか。

オーダーメイドの流れ

オーダーメイドの流れ結婚指輪を作るためには、オーダーメイドでの製作を行なっているお店を探す必要があります。
料金や対応できるデザイン、地金や石の種類などはお店によって異なりますので、複数の店舗を見てから決めましょう。

お店を決めたら、素材やデザインを決めた後、お店や工房が図面を作成します。
何度か細かい部分のデザインの打ち合わせをし、仕様が確定したらプロが指輪を製作します。

オーダーメイドでは、既成デザインのときよりも製作期間が長くなる傾向があり、3ヶ月程度時間がかかることもあります。
費用も既製品より高額になりやすく、2本で40万前後かかることが多いようです。
とはいえ、一生に何度もあることではないので、それだけの価値はあるのではないでしょうか。

費用や手間が気になる方は、セミオーダーもおすすめです。
セミオーダーでは、基本のパターンを応用する形でデザインを決めるようになります。


TOPへ戻る