世界に1つだけの結婚指輪を作る方法

>

デザインや素材を決めるコツ

フォルムを決める

デザインを決めるときには、基本的なフォルムを決める必要があります。

一般的なフォルムとして「ストレート」と「V字」と「ウェーブ」が挙げられます。
ストレートは最もシンプルな直線型でハンドメイド時の加工もしやすく、飽きの来ないデザインです。
Vの字型にカーブしたV字フォルムは、指を長く見せ、角度を調整することで婚約指輪と重ねづけしやすくなるようです。
ウェーブは「S字」とも呼ばれており、遊び心もありつつ指を綺麗に見せる効果があります。

また、同じフォルムでも、幅や盛り上がりによって印象が変わります。
幅については、0.5ミリ変わるだけでも印象に大きく差が出るので、サンプルを元に細かく打ち合わせをしましょう。
また、あまりに華奢だと変形のおそれがあるため、強度のことも考慮して決めることが大切です。

素材と石

結婚指輪のデザインを選ぶ際に、ダイヤなどの石をつけるかどうか、悩ましいところだと思います。
日常的につける結婚指輪に石がついていれば手元がきらきらと華やかになるため、石をつけたいと考える女性が多いようです。
ただし、石の手入れの手間や、割れ・紛失のリスクも伴いますので、家事の際に外すかどうかや、石の扱いで神経質にならないかなど、使い勝手も考えて決めるようにしましょう。
また、費用面や、ハンドメイドの際には可能か否かを確認しておく必要があります。

結婚指輪選びで特に重要なのが、素材です。
見た目だけでなく、強度やお手入れ方法などの質も金属によって大きく異なります。
金属アレルギーの方は、特に素材に注意する必要があります。
長くつける結婚指輪ですので、特徴をよく理解して選びましょう。


TOPへ戻る